FC2ブログ
英語がちょっと苦手な人へ英語モードで考えるコツと英語らしい英文や英会話をお伝えしていきたいと考えています。
page top
書面でお願いします
今年も残すところ今月のみとなりましたね。もう師走です
Do you have plans for the New Year's holiday?

ロンドンの街並みもクリスマスのイルミネーションでキラキラしているのかな。イギリスではご存知の通りお正月よりもクリスマスがビッグイベント。お正月休みはありません。

最近、ロンドンに行った友人からのお土産でティーポットカバーを頂きました。これはティーポットにかぶせて紅茶を冷めにくくする物です。これからの季節、大活躍しそうです。


それでは今日のワードです。 in writing 「書面で」 


仕事上、よく同僚から言われたことを思い出します。「書面にして」です。他の部署に何か依頼するとすぐに言われた言葉です。些細なことで書面にするほどのことじゃなくても書面で、です。それ以降、同じ社内でも依頼する理由となぜそれが必要なのかを書いて送ったことを思い出します。

 
「Can I get that in writing?」 それを書面でもらえますか?

「Let me have your comments in writing」 コメントは書面でお願いします。

「Can we have that in writing?」 それを書面に残せますか?

「I'll have that in writing」 それを書面にしておきます。


Have a beautiful day♪
スポンサーサイト



page top
Today's key word → blank


都内でも紅葉がちらほら。銀杏並木の葉が黄色く色づいていました。秋らしい風景ですよね(あっという間に冬・・・)。


今日はひとこと英会話です。

緊張などで言うべきことや考えが出てこないで「頭が真っ白になる」経験があるかと思いますが、この「頭が真っ白になる」を英語で何というでしょう。

go blank / my mind went blank

を使います。

★All of a sudden I went blank.   突然、頭が真っ白になった。

★I was so nervous my mind went blank.  ひどく緊張して頭が真っ白になった。

blank → 空白の(形) 空白になる→頭が真っ白に・・・。 英語も日本語と同じ意味合いのフレーズです。


私の場合は緊張なのか、単に物忘れが激しくて考えていたスピーチが出てこなかったのか、頭が真っ白になったことがありました。 その時まさしく「I must say something...but my mind has gone blank」 とほほ。



Have a good weekend!!


page top
それ意味が違います
めっきり涼しくなってきました。秋は冬を迎える準備の季節なのか・・・身体を寒さに慣らしてくれるし美味しいものが出回る季節でもあります。物思いにふける秋、何となく人恋しくなる秋。そして紅葉の秋。紅葉は英語で「autumn foliage」(foliage: 木の葉)

では本題に。あるとないでは意味が違うという言い回しについて。

★cheat : だます、欺く (動)

onをつけると・・・

女「You cheated on me」 浮気したわね!!

男「I've never cheated on you」 浮気なんてしてないよ~


★ purpose : 目的、目標 (名)

onをつけると・・・on purpose わざと、故意に

「I didn't do it on purpose」 わざとやったんじゃないの。


★ trouble : トラブル、困難

「トラブルに巻き込まれちゃった」「困ってるの」と言いたいはずが「I'm trouble」だと「私がトラブルの元なの」と言っていることになるので注意です。

inをつけて

「I am in troube」


今週もお元気で

Have a good day
page top
そのお皿持っていかないで~
レストランで役立つひとことです。

お皿にまだ食べ終わっていないお料理があるのに、ウェイターが近づいてきて「Are your finished?」とお皿を下げようとした時には・・・・

I'm still working on it」 まだ(食べている)途中なんです。

心の中では「そのお皿持っていかないで~」と思ってもつい「Yes」と言ってしまうなんてことがこれでなくなりますね^^。 ただし、ご存知の通り、お皿にナイフとフォークを上向きに並べて置くと「ごちそうさま」のサインです


「work on it」は 「~している途中」という意味なので、もちろん他の場面にも使えます。

仕事の進捗状況を聞かれたら 「I'm still working on it」 (それについて)まだ作業中です。


仕事ではworkは当然と思っても、食事が途中なのも「working on」を使う英語らしい表現です。


Have a great day!
page top
about whether
今日は「about whether」

その使い方はというと・・・

★ I am not certain about whether that is correct or not.  私はそれが正しいか迷う。

このwhetherは aboutの目的語になる名詞節を導く接続詞です。 whether以下は 名詞節としてabout の目的語になって います。 したがってaboutの後ろに whetherとなります。

★ I'm worry about whether it can work well. それがきちんと動くかどうか心配です。

★ He is thinking about whether to purchase that or not. 彼はそれを購入するかどうか考えている。



<覚えておきたいポイント>
1: whether 「~かどうか」(接) ifと使い方が似ていますがここが違う。→ whetherは不定詞と一緒に使えます。
「I am not sure whether to buy a new iPhone」

2: 文中にwhether that is, whether it can work, whether to purchase that or not.とthatやitが使われています。この違いを理解する → it(人称代名詞)すでに話題に出ている物や事柄を受けるそれに対して、that(指示代名詞)直接ものごとを指すのに使う

少しづづ使い方を覚えていくと、知らない間に英語上級者になっている・・かも


Have a beautiful day

 
© 元ロンドナーの英語上達法. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG